介護職用 おむつ交換の基本注意すべきポイント

ふじのくに静岡介護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 介護職用 おむつ交換の基本注意すべきポイント

おむつ交換

介護職の介護の基本としておむつ交換があります。おむつ交換は寝たきりの方などに実施する非常に重要な介護技術ですが、おむつ交換は他の介護技術に比べると難しいと感じている方も多いのではないでしょうか?ここではおむつ交換がきちんとできる基本解説や、注意すべきポイントについてご紹介していきます。おむつ交換が難しいと感じている方や、おむつ交換がもっと上手くなりたいと思う方は是非参考にしてみてください。

 

おむつ交換の基本

おむつ交換の基本で大切なことは、①残っている力を利用する②清潔に洗浄する③おむつを的確に当てるです。この3つの基本を押さえておくだけで楽におむつ交換が出来ます。

 

残っている力を利用する

残存機能の活用という言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?残存機能とは残っている機能のことです。例えば寝たきりの場合でも、全員が全く動けないというわけではありません。例えば手が動く、足が動くなど、まだ動く機能が残されている方が多くいます。その残存機能を最大限活用するのが、残存機能の活用です。おむつ交換を行う際に、横に向いてもらったりすることがありますが、その動作を完全に介護職が行うわけではなく、手すりに捕まってもらって横を向く、腰を浮かしてもらうなど、高齢者にも手伝ってもらうようにすると良いでしょう。

 

清潔に洗浄する

おむつ交換の基本として陰部を清潔に洗浄するというものがあります。おむつ交換だからといっておむつを交換するだけでは、陰部が不潔になり、皮膚のただれや感染症の恐れなどがありますのでしっかりと洗浄して清潔に保つようにしましょう。陰部を洗浄するためには、濡れタオル、乾燥タオル、陰部洗浄ボトル、石鹸、保湿剤があれば望ましいです。最初は濡れタオルで軽く汚れを拭う、次に陰部洗浄ボトルで洗い流して石鹸で洗浄をする。(石鹸は皮膚の状態により使用しない場合もあります)石鹸を陰部洗浄ボトルで洗い流して、乾燥タオルで水分を取って、保湿剤で保湿する。という流れが最も清潔にすることが出来ます。

 

おむつを的確に当てる

おむつ交換で最も難しいとされているのが、おむつを的確に当てるということです。おむつを的確に当てることによって、尿漏れの防止をすることが出来ます。おむつがずれていると、尿が漏れてしまって服の交換、ベッドのシーツ交換をしないといけませんので、介護職はもちろんですが高齢者の負担も増大してしまいます。ポイントとしては、尿の流れを想定しておむつを当てるという事です。例えば、女性の場合尿は基本的に尿道よりも下に流れていきます。つまりおむつは尿道をしっかりとカバーしつつ、尿道よりも若干下に当てるということです。また男性の場合は陰部におむつを巻き付けるように当てて、尿が外に漏れないように注意が必要です。

 

おむつ交換注意点について

おむつ交換は場合によっては高齢者の体を大きく動かしますので、様々な危険が伴います。また、排泄物を交換するという介護ですので、普段では見れない高齢者の状態を観察することも出来ます。注意するポイントとしては①おむつ交換で起きる事故②陰部の状態観察③排泄物のチェックの3点があります。それぞれご紹介していきます。

 

おむつ交換で起きる事故

おむつ交換は高齢者を横に向けたりするので、事故が起きる可能性があります。最も起きやすい事故としては、横に向けた際にべッド柵にぶつけてしまうという事です。勢いよくぶつけてしまいますと、頭部の出血などに繋がりますので十分な注意が必要です。また、自分で動ける人に関しても同様の注意が必要です。自分で柵を持って横を向いてくれる人もいますが、勢いが付きすぎて冊にぶつかってしまうケースも多々あります。ゆっくりと慎重に行うことももちろん大切ですが、場合によっては柵を外す、柵にクッションを当てるなど工夫を行うことが大切になります。

 

陰部の状態観察

陰部は体の中でも最も観察が行いにくい場所ですが、高齢者の病気が起きやすい場所であると言えます。例えば、陰部が尿かぶれでただれている、仙骨部(おしりの上の骨)に褥瘡が出来ているなど、様々なトラブルが起きやすいのです。普段の生活では陰部を見る機会はなかなかありませんので、おむつ交換の際にしっかりと状態観察をしておくことが大切になります。小さな発赤が後々大きな褥瘡に繋がる可能性もありますので、出来る限り観察を行って早めの対策をすることを心がけましょう。

 

排池物のチェック

人間の健康は排泄物に現れることが多いです。例えば、尿の色がいつもと違っていれば、膀胱炎や尿道炎、場合によっては膀胱がんなどを引き起こしている可能性があります。匂いについても病気があれば変化しますので、いつもより匂いがきつい場合は膀胱炎などを疑った方が良いでしょう。また、便についても同様のことがいえます。便に出血が混ざっている、消化不良を起こしているなどはもちろんですが、色が違う、量が少ないなども高齢者の健康を見るために必要なバロメーターになりますので、しっかりと観察をすることが大切になります。

 

おむつ交換をレベルアップするためのポイント

おむつ交換が今よりもレベルアップするためには、どのようなポイントがあるのでしょうか?ここではの上手なおむつの当て方のおむつの選び方の2つのポイントについてご紹介していきます。

 

上手なおむつの当て方について

おむつを広げてみるとギャザーがついています。ギャザーは尿が外に漏れないための機能があり、これが外側に倒れていると尿をせき止めることが出来ません。ギャザーは必ず内側に折れるように当てましょう。また、パットを当てる際に、吸収面を谷折りにするとしっかりと吸収してくれます。山折りにして当てるとおむつの吸収部分が山の部分に集まってしまいますので、尿漏れが起きやすいのです。

 

おむつ選び方について

おむつは様々な種類がありますので、適切なおむつを選択することが快適に繋がり、高齢者の生活に良い影響を与えます。ポイントとしては、最低限の吸収量ということです。おむつは吸収量が多くなりますと分厚くなり、快適ではなくなります。吸収量の少ないおむつの方が薄く、軽く、快適に使用が出来ますので、出来れば吸収量の少ないおむつを選択することが大切です。しかし、夜間帯などはゆっくりと睡眠時間を取ってもらうために、あえて大きめのバットを当てることもありますので、その辺りは高齢者の希望を聞きながら選択しましょう。

 

まとめ

高齢者のおむつ交換には様々基本、注意点などがあります。おむつ交換は重労働になりますので、出来るだけ高齢者の残存機能を使いつつ、事故の無いように行いましょう。また、おむつ交換でしか観察できない陰部や排泄物などもありますので、プロの介護職としてはしっかりと観察することが大切になります。

link 関連記事