主任ケアマネジャー|介護の資格

ふじのくに静岡介護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 主任ケアマネジャー|介護の資格

主任ケアマネジャー

主任ケアマネジャーとは

ケアマネジャーの上級資格になりケアマネジャーのエキスパートといえるものでしょう。その役割も一般のケアマネジャーと比較して、広い視野や豊富な経験、知識が求められています。具体的には以下のようになっています。

  • 介護に関わる介護保険、医療、福祉などの多様なサービスのネットワーク向上
  • 一般のケアマネジャーへのアドバイスや指導をするフォローアップ役
  • 地域にある課題や特性を見極めて、包括ケアシステムを進める実践者としての役割

勤務する場所は、居宅介護支援事業所、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設、地域包括支援センターなどとなります。

主任ケアマネジャーの試験内容

特に試験は定められていませんが、主任介護支援専門員研修を受講し修了する必要があります。

主任介護支援専門員研修の受講資格

受講要件は、各自治体により異なりますが、以下のような条件を満たしている必要があります。

  • 専任のケアマネジャーとして勤務していた期間が、通算で5年(60カ月)以上である。
  • ケアマネジメントリーダー養成研修を修めた人で、さらに専任のケアマネジャーとして働いた期間が通算して3年(36か月)以上である。
  • 主任介護支援専門員に準ずる者として、地域包括支援センターに配置されている。
  • ケアマネジャーの業務に関し十分な知識と経験を持っており、都道府県によって認められている。

主任ケアマネジャーの費用・料金

受講の費用は自治体によって異なりますが、おおむね3から6万円程度が必要となります。

働きながら主任ケアマネジャーを取得するには

受講する自治体によって異なりますが、定められた研修の日程に合わせることが
できれば働きながら取得することができるでしょう。