介護営業職の仕事内容とは?介護営業職の一日のスケジュールも紹介

ふじのくに静岡浜松介護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 介護営業職の仕事内容とは?介護営業職の一日のスケジュールも紹介

介護営業職

介護営業職は特養や老健などにはあまり配置されていません。有料老人ホームの中でも高価な価格帯のサービスに営業職は配置されていることがあります。介護営業職は元々介護現場で働いていた方が多く、元介護福祉士なども多くいます。ここでは介護営業職の仕事内容や一日のスケジュールについてご紹介していきます。

営業が業務に含まれている求人情報はこちら

介護営業の仕事内容について

介護現場で働いてると営業職がどのような仕事内容をしているのか、理解しにくいです。

営業の仕事は大きく分けると3つあります。①顧客対応②広告作成③予算作成です。①は必ず行っていますが、②と③に関しては行っていない営業職もいますが、宮業に大きく関わりますのでご紹介します。それぞれ見ていきましょう。

顧客対応

営業員で最も大切な部分です。入居してもらうように施設の設備案内や料金、サービスの説明を行います。施設に来られた方に対して説明をすることももちろんですが、電話対応をしたりもします。

また、見学会を開催して検討者を集めて、集団で説明をする場合もあります。対象は高齢者だけではありません。病院のMSWや居宅介護支援事業所のケアマネージャー、有料老人ホームの紹介会社なども顧客を紹介してくれる大切な繋がりですので、その対応も行います。

入居を検討している方が不安に感じないようにスケジュールの調整をしたり、契約説明なども行います。

広告について

新聞広告などを見ると時々老人ホームのチラシが扶まれている時があります。これは、営業が広告会社とやりとりをして作成しているケースがあるのです。

どのような広告をどの地域に出せばいいのか、過去の検討者や入居者を元に考えていきます。特に高価格帯の有料老人ホームでは多くの広告を打ち出す必要がありますので、営業が工夫をして広告を出しています。

また最近では紙媒体だけではなく、インターネットを活用したWEB広告も出しています。職員の写真を写したり、施設の写真を撮ったりなど、様々な面で広告会社と打ち合わせをして検討していきます。

営業が業務に含まれている求人情報はこちら

予算について

予算とは売り上げの計画です。これは直接販売を行っている営業が担っているところが多いです。予算についてはある程度の予想を立てますが、根拠の無い資料は作成できません。今までの入居実績をもとに予算をたてて、達成できるように動きます。

営業の一日のスケジュールについて

出勤から退勤までのスケジュールについてご紹介していきます。

8時50分 出勤
出勤した際はまずメールのチェックや引継ぎ事項などを確認していきます。朝礼などがあれば出勤をして部屋の空き状況などを把握します。

9時30分 顧客へ電話
入居検討者などに対して電話で様子伺いの連絡をします。電話をして「入居します」と言う方はいませんので、まずは料金などを電話で説明をして、来訪いただけるように働きかけます。

10時30分 会議
入居促進の会議に参加します。ここでは予算の連成率の確認や、検討者の情報、新規入居者の情報などを管理職や営業職がそれぞれ確認していきます。
営業職の辛い所は、予算が達成できない時です。予算が出来ない時は上可から問い詰められることもあり精神的にストレスを感じている方も多くいます。

11時30分 来客対応
顧客が施設見学に来られたので、料金の案内やサービスの案内などを行います。必要であれば施設長などにも声を掛けて挨拶をしてもらいます。

12時30分 休憩

13時30分 広告の打ち合わせ
広告を出すために担当者と打ち合わせをします。どのような内容を記載して欲しいのか、どこまで配布して欲しいのかなど、詳細を決めていきます。

15時30分 新入居者カンファレンス
次に受け入れる新入居者の情報提供を介護職や看護職に行い、本人、家族の思いなどを確認していきます。また必要なサービスについても検討していきます。

16時30分 訪間
居宅介護支援事業所や病院の地域連携室に営業に行きます。サービス内容の説明などを行い顧客がいれば紹介をしてもらうように依頼をします。

17時30分 報告書の作成
本日行った仕事内容を報告書に記載します。明日のスケジュール確認なども合わせて行います。

18時00分 退動
営業職は顧客を紹介してもらうまでに、各所に営業をして広告配布などを行います。また入居検討者が来訪した際には、きちんと説明をしていきます。

ポイントとしては、中で働く介護職員と上手に連携をしていくということです。実際受け入れをしてお世話をするのは、介護職、看護師です。その現場のスタッフに対して、きちんと説明をしていき、入居者にスムーズに生活をしてもらうようにするのも営業職のポイントであるといえます。

営業が業務に含まれている求人情報はこちら

介護の営業職に向いている人とは

介護の営業職は、物版などに比べるとサービスを売る仕事なので、顧客との関わりが長いです。そのため、顧客の心配事を聞いてあげたり、不安ごとに対して安心してもらえるようにアプローチをしたりする必要があります。

また、老人ホームは入居者の終の住処を決める、人生でも大きな決断の場になります。決断できるように促す力が営業職には必要になります。それでは具体的にどのような方が営業に向いているのでしょうか?

介護職経験がある方

介護職経験がある方が営業職を行うのは非常にお勧めです。その理由としては、現場のことがわかるからです。営業をしていると分かるかと思いますが、検討者は非常に細かい部分まで聞いてくる方がいます。

お風呂の時間は?着替えはどうしたらいいの?レクリエーションの内容は?などです。これらに言葉が詰まることなく、スムーズに返答することが出来ると信頼も得られやすいかと思われます。

一緒に悩み考えれる方

高齢者は様々な悩みを抱えています。悩みを抱えていない方は老人ホームに入所することはないからです。悩みに対して解決できる方よりも、一緒に悩んで一緒に考えられるような方の方が介護の営業職には向いています。親身になって寄り添えて行動できる方が営業職には向いています。

車の運転が得意な方

これはどの営業職にも言えることですが、車の運転は必須です。しかも得意でないと少ししんどいかもしれません。
外回りで運転することはもちろんですが、場合によっては顧客を車に乗せることもあるからです。場合によっては車いすの方も乗れる大きな車を運転しないといけないかもしれません。

もし運転が苦手な場合は、営業やお迎えなどを苦痛に感じるかもしれませんし、反対に運転が得意な方は営業回りなどが楽しくなるかもしれません。

まとめ

介護の営業職の仕事は、決して売るだけではありません。様々なところに掛け合って仕事を進めていくことが必要になるのです。しかし、顧客からも介護職からも喜ばれる仕事ですし、結果が数字になって見えますので、自分の努力が可視化されてやりがいを感じることが出来るでしょう。

営業が業務に含まれている求人情報はこちら

 

link 関連記事