レクリエーション介護士|介護の資格

ふじのくに静岡介護求人ナビTOP › お役立ち情報 › レクリエーション介護士|介護の資格

レクリエーション介護士

レクリエーション介護士とは

高齢者とのコミュニケーション能力や、レクリエーションの知識や実行するスキルを身につけて、高齢者へ喜びや生きがいを与えることを目的とした民間の資格になります。資格は「レクリエーション介護士2級」と「レクリエーション介護士1級」の2つがあり、1級は2級の上位資格になります。

レクリエーション介護士の試験内容

レクリエーション介護士2級

筆記試験(選択式50問)+添削課題

レクリエーション介護士1級

筆記試験

  1. 筆記試験(選択60問・記述式4問~6問)100点満点
  2. 小論文(1問)20点満点
  3. 必須講座での評価「実技試験(集団レクリエーションの実践)」30点満点

レクリエーション介護士の受験資格

レクリエーション介護士2級

レクリエーション介護士を目指したい方であれば、経験や年齢、資格は不要です。

レクリエーション介護士1級

レクリエーション介護士2級取得者で、1級の講座を指定された日時、場所で受講できる心身ともに健康な方とされています。

レクリエーション介護士の費用・料金

2級は各スクールにより差はありますが、約35,000円程度の費用が必要です。1級の取得にかかる費用は、約100,000円程度となっています。

レクリエーション介護士の通信教育

2級のみ通信教育での講座が行われています。

レクリエーション介護士の難易度・合格率

2級は、テキストを基に勉強していれば、比較的簡単に合格できるものであるようです。講座の最終課題として出題され、自宅での受験も可能です。1級は2級の上位資格として試験も実施されるので、2級よりも難しい試験のようです。

レクリエーション介護士の試験日程

1級の試験日程は発表されていません。日本アクティブコミュニティ協会が指定する日程・会場にて行われます。

働きながらレクリエーション介護士を取得するには

レクリエーション介護士2級は、通学講座、通信講座ともにあるので働きながらでも十分に取得が可能と言えるでしょう。1級については、講座を指定された日程・会場で受講する必要があるのでスケジュール調整さえできれば取得できるでしょう。