介護現場で働くスタッフ

ふじのくに静岡介護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 介護現場で働くスタッフ

介護現場で働くスタッフ

介護にかかわる職員の職種

基本的には、介護事業を行う上で国が定めた職員(職種)の配置基準に沿ってさまざまなスタッフが働いています。では、実際にどんなスタッフが現場で働いているのか紹介して行きます。まずは、介護スタッフです。無資格・介護職員実務者研修受講資格(旧介護職員基礎研修・旧ホームヘルパー)・介護福祉士のスタッフがいます。医療系スタッフとしては、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・あんまマッサージ師等のスタッフがいます。介護サービスを総合的にコーディネートし、ケアプランを作成する役割として、介護支援専門員(ケアマネジャー)がいます。直接の介護現場では無くコーディネートする立場ですが、スタッフとしては重要です。介護施設の中に、居宅介護支援事業所として介護支援専門員が働いていることもあります。また、特別養護老人ホーム等の入所施設には居宅プランではなく入所施設での生活用のケアプランを作成する介護支援専門員スタッフもいます。のすべての施設で、これらスタッフが働いているのではなく、事業内容によって働くスタッフは違います。

 

現場での各スタッフの業務内容

ケアマネジャーが利用者や家族の希望を聞き取り、それに合わせたケアプランを作成します。ケアプランの内容に沿った生活を実現するために、施設入所以外での生活の方(居宅ケアプラン)の場合は、デイサービスや短期入所(ショートステイ)等のサービスを利用します。では、スタッフの業務内容や役割について説明します。介護士は、その名の通り利用者さんを介護するスタッフです。食事介助・排泄介助・入浴介助等の介護業務があります。お泊りデイサービスやグループホームでは、洗濯や食事作りを行う事もあります。医師(ここではかかりつけ医ではない施設の医師を指します)は、健康管理を始めとして、利用者さんの疾患に合わせた治療、診察、処方を行います。看護師は、介護士の行えない医療行為を行います。処置やインシュリン注射等です。痰の吸引と経管栄養も医療行為ですが、研修を受けた介護福祉士も行う事ができます。リハビリ系のスタッフとして、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等のスタッフもいます。その名の通り、理学療法(物理的手段で)・作業療法(作業を通して)・言語音声嚥下に対して専門的にリハビリを行うスタッフです。あんまマッサージ師は、あんま・マッサージ・指圧により体の不調を和らげるスタッフです。