居宅介護支援とは|介護サービス

ふじのくに静岡介護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 居宅介護支援とは|介護サービス

居宅介護支援

居宅介護支援について

介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所等との連絡・調整などを行ったりする支援です。制度上「自宅(居宅)」とされる住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の利用者(入居者)も利用します。

居宅介護支援の利用条件

要介護1以上の認定者

居宅介護支援で提供されるサービス

ケアプラン(居宅サービス計画)の作成

ケアマネジャー(介護支援専門員)が、心身の状況や生活環境、本人や家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。

サービスの連絡・調整

ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所や、施設などとの連絡・調整を行います。また、本人や家族の代わりに、要介護認定の申請手続きや更新認定の申請手続きを行うこともあります。

居宅介護支援についての費用・料金

利用料はありません。(全額介護保険負担です)

居宅介護支援の人員基準・職員体制

管理者:常勤の介護支援専門員を配置。

介護支援専門員:利用者35人に対し1人を配置。

居宅介護支援に関する法律

介護保険法

居宅介護支援の仕事内容

居宅介護支援では介護支援専門員(ケアマネジャー)が介護に関わる相談や要介護認定申請手続きの代行、ケアプランの作成、サービス担当者会議の運営、ケアプランの管理と再評価などを仕事として行っています。多くの業務を並行して行っていくので段取り力が求められてくるお仕事です。現在、介護職などで従事していて将来介護支援専門員になり居宅介護支援に携わりたいと考えている人は現在の職場で段取りよく業務をこなせているかを確認し、できてなければ、どのようにしたら段取りよくこなせるのかを考えて業務を遂行していくことが居宅介護支援事業所で活躍できるスキルを向上させることにつながります。