40代女性の介護転職 好待遇の職場に転職する3つのポイント

静岡藤枝介護求人ナビTOP | お役立ち情報 | 40代女性の介護転職 好待遇の職場に転職する3つのポイント

kaigo1

「介護職は就職・転職に強い」と言われていますが、「40代になっても転職先が見つかるだろうか?」と不安に感じる人は多いでしょう。結論からお伝えすると、40代でも好待遇の介護職に就くことは可能です!今回は、40代女性が介護職へ転職するときに押さえたいポイントを解説します。キャリアダウンしない転職を叶えるためにも、ぜひ参考にしてみましょう。

 

介護職40代女性の転職は可能?

 

前述の通り、40代女性が介護職に転職することは可能です。

一見年齢や体力がネックに感じられるかもしれませんが、転職市場における求人倍率は意外と高いのです。

40代でも介護職のニーズが高い理由は、主に下記の通りです。

 

  • 少子高齢化の影響で介護の担い手を増やす必要があるから
  • 正社員・パート・派遣など多様な雇用形態が浸透している業界だから
  • 子育てがひと段落した40代女性を雇用したい企業が多いから

 

前提として、介護職は慢性的な人手不足であり、40代に限らず幅広い年齢層を歓迎しています。

正社員・パート・派遣など多様な雇用形態を導入し、少しでも働く環境を良くして人を呼ぼうと考えている企業も少なくありません。

また、40代女性は子育てがひと段落している人が多く、積極採用したいと考える企業も増えています。

意外にも好待遇の求人が隠れている可能性があるので、積極的に転職活動してよいでしょう。

 

介護職40代女性 好待遇の職場に転職する3つのポイント

kaigo2

ここからは、40代女性が介護職に転職したいときに押さえるべきポイントを解説します。

せっかくであれば好待遇の職場を狙い、満足度の高い転職を実現していきましょう。

 

40代女性介護職転職活動のポイント①転職コンサルタントへの相談

 

転職コンサルタントでは下記のようなサービスを提供しているので、遠慮なく相談してみましょう。

  • 非公開求人の紹介
  • 適性診断
  • 自己分析・企業分析・業界分析サポート
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 模擬面接
  • 雇用条件(年収・待遇・勤務地など)の交渉

ハローワークや一般の求人サイトには掲載されない優良企業や、倍率の高い有名企業の求人を紹介してくれるかもしれません。悩みがちな履歴書・職務経歴書の作成や面接練習にもとことんつきあってくれるので、大いに頼ってよいでしょう。

なかには内定獲得後に年収・待遇・勤務地の交渉を手掛けてくれる転職コンサルタントもおり、個人で交渉するより希望が通る確率が上がります。

また、転職コンサルタントは完全無料で利用できます。

紹介先企業から成功報酬をもらう形式で運営しているサービスがほとんどであり、求職者自身が費用を支払う必要はありません。

 

40代女性介護職転職活動のポイント②年齢による強みを活かす

 

40代であることをネックに捉える方は多いですが、アピール次第ではむしろ強みになることがあります。

例えば、下記のようなアピールをする40代が多いので参考にしてみましょう。

  • 新卒にはない実務経験・知識・スキル
  • 利用者と近い年齢による安心感・親近感
  • 安定した就労意欲
  • 高いコミュニケーション能力

過去、介護職経験がある場合は経歴を存分にアピールしていきましょう。

他にもコミュニケーション能力や安定した就労意欲をアピールし、「会社や利用者に貢献してくれそう」というイメージを根付かせるのも効果的です。

また、20代30代は結婚・妊娠・出産によるライフステージの変化が起こりやすく、短期離職が起きやすい年代でもあります。

一方40代は既に安定した生活基盤を築いている人が多く、子育てもひと段落していることからむしろ需要が増える年代でもあるのです。

普段の運動習慣による体力カバーなどをアピールできれば、さらに精力的なイメージを与えられるかもしれません。

自分の強みを明確にして、選考に臨みましょう。

 

40代女性介護職転職活動のポイント③仕事への意欲・熱意のアピール

 

企業が最も重視するのは、仕事への意欲や熱意だと言われています。

実務経験も貴重なアピールポイントになりますが、数年続けていれば業務自体には慣れてくれる人が多いので、未経験者を積極採用している企業も増えました。

しかし意欲・やる気を個別に指導するのは難しいものです。

企業の採用担当者や現場の上司が最も頭を抱えるポイントでもあり、できれば初めから熱意のある人材を採用したいというのが本音になっています。

そのため、エントリーシートなど書類選考や面接の場では大いに熱意をアピールすることが成功の秘訣です。

下記に関する具体的なエピソードを盛り込むことができれば説得力が増すので、検討してみましょう。

  • 介護職のどんな点にやりがいを感じるか
  • どんな介護職員になりたいか
  • 人の介護を担う際、特に重要だと考えているのは何か
  • 過去に介護職員とかかわって助けられた経験
  • 少子高齢化社会への危機感・課題意識

ひとつでも自分なりに「語れるもの」があれば、面接担当官の心に響きます。

なぜ他の職種ではなく介護職なのかを考え抜き、転職への意欲をアピールしていくことがポイントです。

 

介護職40代女性の転職 業界の平均年齢

kaigo3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護業界全体の平均年齢は、男性36歳・女性43.5歳という調査結果が出ています。

介護職員年齢 全体に占める割合
~19歳 0.4%
20代 18.5%
30代 21.5%
40代 24.4%
50代 24.0%
60歳以上 7.8%
無回答 3.4%

 

上記の介護職員の年齢表を見ても、40代の介護職員が最も多いと分かります。

次いで50代・30代であり、40代はちょうど中間のボリュームゾーンなのです。

そのため、40代で介護職に転職することは一般的であり、他業界と比較してネックにはならないのです。

また、介護業界は女性比率が79.3%と他業界より圧倒的に高いことも特徴です。

特に訪問介護員の女性比率は89.0%に到達しており、平均年齢も48.3歳と少し高めになる傾向が判明しました。

50代以降になっても働きやすい業界であることを考えると、40代のうちに転職して経験と実績を身につけておくのが得策です。

(※)参考:公益財団法人介護労働安定センター「介護労働実態調査について」

 

40代女性は介護業界の主要層 積極的な転職活動を

kaigo4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護業界では、40代女性が最も多く働いています。

調査結果を分析すると、「40代女性が介護職の担い手」と言われる理由も読み取れます。

介護職へ転職する際は、自分の希望に合った職場を探しましょう。

年収・勤務地・勤務時間や曜日など基本的な項目だけでなく、社内の雰囲気・社風・福利厚生・男女比・年齢比などを参考にするのがおすすめです。

転職コンサルタントでは、上記のように一般には出回らない企業情報を教えてくれます。

また、ハローワークや転職サイトには出てこない優良企業の求人を紹介したり、選考突破のコツを教えてくれたりすることもあるので活用していきましょう。

自分らしい転職活動に成功すれば、50代以降のキャリアも安心して積み上げられます!