介護職のストレス解消法10選

ふじのくに静岡介護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 介護職のストレス解消法10選

介護職のストレス解消法10選

新型コロナウイルス感染症対策で、以前よりも気を使いストレスが溜まる日々ではないでしょうか。介護職は心と体が疲弊しがちな職種です。瞬間的にも先輩や後輩、利用者さんの行動や言葉にストレスを感じる事も少なくありません。長く仕事を続ける為にも、ストレス解消法10選を紹介します。事業形態や、利用者さんの層によってさまざまですが、私が実践して良かったリアルなものを厳選しました。仕事に関連した解消法と、仕事以外でできる解消法に分けて紹介します。

仕事編

トイレに行く

これは、すぐにできる解消法です。利用者さんの安全を確認してから、他のスタッフにトイレに行く事を伝えてトイレに行きます。休憩時間や業務前にトイレを済ませるのは基本ですが、突発的な生理現象は絶対ダメと言われる事は少ないです。トイレは、小さいプライベートスペースです。業務中に何回も行く事はお勧めできませんが、トイレに行き少し深呼吸をするだけで瞬間的にストレスを感じたフロアから離れる為気持ちの切り替えがしやすくなります。

一つ前の駅やバス停で降りて歩いて出勤する

「今日も利用者さん拒否あるかな。」「先輩に怒られるかな。」等仕事がうまくいかない時は、出勤に後ろ向きになる事もあります。出勤準備をして、移動してすぐ業務では慌ただしく前向きな気持ちになれない事もあります。そんな日は、バス停や電車の駅一つ前で降りて頭の中を整理する時間を作ります。例えば、「今日も利用者さんの拒否あるかな。」という事に対しては、「他の誘導方法を試してみよう。」など。うまくいかなかった事を前向きに変える考え方で、やってみようとプラス思考に変えます。すると、ストレスは減って行きます。

敢えて苦手な利用者対応を行う

どうせダメならやってみようという発想です。しかし、どうせダメでは無いのです。②の考え方と連続的に行うと効果は倍になります。介護がうまくいかないストレスの中から、少しでも進歩したという感覚を持つ事で達成感が得られます。完全を求めず、少しでも出来るようになったら自分をほめるというのがポイントです。

二人介助の利用者のケアをする

介護職は、チームケアと言っても孤独に感じる場面は多いものです。介護を通して、協力する事で一体感を感じる事ができます。また、自分の頑張っている所を先輩職員に見せる事ができてスッキリします。

事務所に行きペンケースに入れた写真を見る

トイレに行くと似ていますが、一度その場を離れて気持ちを切り替えるという方法です。お子さん・好きな人・ペット・好きなキャラクター等何でも良いです。その写真を見て気持ちを上向きにする事で、ストレスから解放され現場に戻る事ができます。

プライベート編

スポーツをする(汗を流す)

運動は、身も心もストレスから解放してくれます。激しい運動がすべてではありません。運動の習慣が無い方は、ウオーキングから始めるのも良いです。体を動かすと、体内時計のリセット・お腹がすく・汗をかいてバスタイムでもよりリラックスできるという効果もあります。交流を兼ねて、ヨガ・テニス・フットサルを行うのも良いです。自然とストレスから解放されます。

給料日の度に一つ自分にご褒美を買う

何のために仕事をしているのかと思う事は多いのではないでしょうか。利用者さんの笑顔の為、自分のスキルアップの為等いろいろ理由はあると思います。しかし、プロとして仕事している以上対価としての給料は外せません。高価な買い物は出来ないけど、給料日に自分にご褒美を一つでも買うと、仕事をしている実感と給料日までのモチベーションが上りますし、辛い事があってもプロとして仕事をしているんだという感覚を持つ事ができます。

泣く(感情を解放する)

以前、涙活という言葉も流行りました。日頃、感情を押し殺して笑顔を作り介護サービスを提供している介護士にとっては、感情を解放する事も大切なストレス解消です。お気に入りの映画を見るも良し、ドキュメントを見るのも良いです。溜まったストレスを涙と共に流すと、スッキリし心にゆとりが生まれます。

笑う(前向きな感情を増やす)

少しのストレス解消には、バラエティー番組を見て笑うという事も効果的です。好きな芸人やタレント等の番組やDVD等見て笑う事で、ストレス解消だけではなく、「良し頑張ろう。」と前向きな気持ちにもなれます。かなりストレスフルな状態では、泣いた後の大笑いをお勧めします。感情を解放してから笑うと、より一層ストレスから解放されます。

ボランティアをする

ボランティアは、無償で行う活動です。時間の無駄だとは思わすに、他の事業所の様子も感じる事ができます。介護士であれば、障害者支援施設等別形態のボランティアも良いでしょう。休日でも、仕事の事を考えてストレスをため続け疲れてしまうくらいなら、ボランティアで他の事業所のやり方を感じてみたり、新たな視点を養う事も学びになります。「よし、自分の仕事にも取り入れてみよう。」と思える事があるかもしれません。また、仕事ではなく人に感謝されるというもの爽快なものです。

まとめ

紹介したストレス解消法はいかがでしたか。今回はすぐにできる、またすぐにできそうなものを厳選しました。この中から、やってみようと思える物があれば嬉しいです。頑張っていても、ストレスが溜まる介護サービスでは、ストレスと上手く付き合い、貯めないようにして良いサービスを提供したいものです。