介護職のおすすめ転職時期は?転職の手順やコツも紹介

この記事を読むのにかかる時間: 2

介護職のおすすめ転職タイミングとは

 

介護業界で働き続けていると、何かのきっかけで転職を考えることがあります。

より良い待遇や職場環境で働くには、転職に有利な時期を選び、スムーズなキャリア形成を目指しましょう。

転職で失敗しないためにも、希望条件をはっきりさせ何を大切にしたいかの見極めもポイントです。

そのためには、新たな職場に求める希望条件をまとめ、順位付けをしてどこまでなら妥協できるかを考えておきましょう。

 

キャリア段階に合わせた転職のポイント

 

転職したいと思うタイミングは人によってさまざまで、現状のキャリアにより最適なタイミングは異なります。

成功しやすい転職のタイミングを3つ紹介します。

 

成長の停滞を感じたら転職を検討する

現在の職場で働き続けてもこれ以上成長できないと感じた場合は、転職の時期です。

新たな環境に移ってスキルアップを目指しましょう。

どの職場でも同様に成長するチャンスがあるとは限らないため、スキルを高める力があっても伸ばす機会に恵まれないケースがあります。

人手不足で業務が立て込む職場で働き続けると、帰宅後は休むことしか考えられなくなって自分の成長のために時間を使えなくなるでしょう。

せっかくの休日も体力の回復で終わってしまうと、知識や技術の習得が難しくなるので、働きながら成長の機会を持てる職場へ移りましょう。

 

スキルや経験を活かせる転職先を探す

これまでの介護職での経験とスキルを活かせる転職先を見つけると、自分の専門性を発揮でき、さらなる発展を期待できます。

むしろ誰でも歓迎の職場より、身につけた資格やスキルを重視してくれる職場へ転職した方が、必要とされる実感を得られます。

 

新しい環境での挑戦を考える

現在の職場で介護職として働いた経験は、どんなものでも次の成長のきっかけになります。

資格やスキルにもとづく自分ができることを参考に、新たな環境でチャレンジしたいことを考えましょう。

新たな挑戦は自分の可能性を広げる機会になるので、専門性を深めたり業務の効率を上げたりするのに役立ちます。

もう少し今の職場で経験を積んだ方が転職しやすい場合もありますが、このまま働き続けると心身を壊すこともあります。

転職を思い立った理由の中に、残業代の未払いやモラハラ、パワハラなどがあるときは、すぐに転職しましょう。

 

季節に応じた転職タイミングと注意点

 

介護士が新たな職場への転職を考えるときは、1年のうちいつ頃を狙うと自分にとってメリットがあるか、見比べて決めましょう。

介護業界での転職は1年中いつでもできますが、最適な時期はその人ごとに違うからです。

春夏秋冬それぞれのメリットと注意点を説明するので、いつのタイミングを狙うべきか検討し、スムーズな転職を目指しましょう。

 

春(3月~5月)

4月は新年度がスタートし、新規採用とともに転職者の中途採用も増える時期にあたります。

年度の切り替わりのため中途採用と新規採用があり、春は同じスタートを切れるため、環境になじみやすいタイミングです。

新卒者への研修を行う時期でもあり、介護職経験が浅い状態で転職した場合も、もう一度学び直すチャンスです。

規模の大きな施設の場合は、他の部署から異動してきたスタッフも一斉に働き始めるので、1年の中で最も人数が多くなります。

介護業界は求人が豊富ですが、中にはほとんど求人を出さない職場もあります。

退職者の少ない職場が求人を出すタイミングは春が多いので、希望する職場の求人が少ないときは春を狙って転職活動をしましょう。

 

夏(6月~8月)

新年度に職場へ入った人の中には、自分に合わないと思いすぐに次の転職を希望する人もいます。

また夏場は長期休みをとりやすいため、休暇を利用して転職活動にのぞめる点でも、転職に向いている時期といえます。

夏のボーナスをもらって辞める人材が多いことを見越した施設が、早めに求人を出す時期でもあり、求人数が増えてきます。

 

秋(9月~11月)

夏の中でもボーナスの支給がある8月を機に転職する人が増えるため、人手不足から求人を出す介護施設が増えます。

転職希望者も職場でボーナスが出たあとのため、転職活動の資金を準備しやすい時期です。

また、今すぐに必要な人材をとるためではなく、来年度の募集に向けて新規採用を出し始める時期でもあります。

行動の早い介護施設は前年度の秋ごろから求人を出すので、秋に転職活動を行っても不利ではありません。

 

冬(12月~2月)

年末年始をはさむため、在職中に転職活動をする場合は忙しさから動けなくなる可能性もあります。

12月はボーナス支給の時期ですが決算と重なるため、人材採用に時間をさけない施設が多く、求人数は比較的少なめの時期です。

年内にどうしても次の職場を決めたいからと焦らず、次の春に備えて転職活動の準備をするのがおすすめです。

 

成功する転職を実現するためのコツ

 

希望の介護施設へ転職するためには、応募に必要な履歴書や職務経歴書の作成、面接の準備、職場訪問などが必要です。

自分ひとりですべてこなそうとすると、仕事を続けながらでは限度があります。

妥協しない転職活動をし、新しい職場でスキルと経験を活かし成長するためにも、転職エージェントの力を借りることを検討しましょう。

 

履歴書や職務経歴書を充実させる

転職活動に履歴書や職務経歴書は不可欠で、施設側はこの2種類の書類を参考にします。

履歴書の基本的な書き方のマナーを守りつつ、自分のアピールポイントが伝わる内容を心がけましょう。

これまであなたが経験した業務や獲得したスキルなどを具体的に記入し、新しい職場で活かせることを伝えると、他の応募者との差別化になります。

 

・履歴書と職務経歴書はパソコンで作成しても良い?

応募先から手書きの指定がない場合は、パソコンで作成してもかまいません。

内容が応募先へのものになっているか確認し、別の応募先へ出したデータのままプリントアウトしないよう注意しましょう。

手書きの場合は、書き損じたときは修正テープなどを使わず新しい用紙へ最初から書き直します。

 

面接対策を徹底する

応募先で志望動機などをスムーズに話せると、あなたの働く意欲が伝わります。

過去に経験した業務や困難にどう対処したか、スタッフ同士の協力などについて具体的に話すため、回答を用意して練習しましょう。

面接官の質問に合わせて答えるには、回答を丸暗記せずポイントだけ把握することがコツです。

十分な面接対策ができていると自信をもって面接にのぞめるので、熱意が伝わります。

 

職場訪問や体験入職を活用する

興味のある求人がまとまってきたら職場訪問や体験入職を活用して、実際の職場の雰囲気や働くスタッフの様子を確認しましょう。

患者対応などを直接見て感じると、これまでの経験から自分に合うかがわかります。

職場訪問などを希望する場合は、自分で直接施設へ電話連絡をする、またはウェブサイトの問い合わせフォームから連絡を入れましょう。

面接を終えた段階で職場見学を申し出る方法もあります。

 

転職エージェントの利用を検討する

現在の介護施設で働きながら転職先を探すには、忙しく思うように進まない場合もあります。

自分だけでの転職活動には限界があるので、転職エージェントを利用することも考えてみましょう。

転職エージェントは介護業界の豊富な求人情報を提供し、応募に必要な履歴書や職務経歴書の作成、面接対策も行ってくれます。

キャリアプランに迷いがあるときも相談に乗り、あなたの希望に合った職場探しのお手伝いをします。

必要に応じたサポートを転職エージェントから受けると、転職に成功しやすくなるでしょう。

 

現在、静岡県で介護業界の転職先を探している人は「アクタガワHRM」を利用してみましょう。

地元に強い転職エージェントで、静岡県で20年以上のサポート実績があり、転職に関する様々なアドバイスが受けられるほか、求人・職場の情報も豊富に扱っています。

 

まとめ:新たな一歩を踏み出してキャリアを磨こう!

介護職の転職は新たな職場で成長し、可能性を広げるチャンスです。

現在のキャリア段階や時期を考えて、適切なタイミングで転職活動を始めましょう。

最適な時期に転職するには、転職エージェントによる専門的なサポートの利用もおすすめです。

転職のプロに手伝ってもらえば、現在の仕事を続けながらでも転職活動が進み、自分では気づかなかった新しい道に出会えるかもしれません。

さらなる成長を目指して、前向きに転職活動をスタートさせましょう。

https://shizuoka-kaigonavi.com/contact/entry

ふじのくに静岡介護求人ナビ
link 関連記事
求人 人気キーワード