訪問介護の仕事内容とは?訪問介護員の1日のスケジュールも紹介

ふじのくに静岡浜松介護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 訪問介護の仕事内容とは?訪問介護員の1日のスケジュールも紹介

訪問介護

在宅で生活をする方にして対しては訪問介護は非常に重要なサービスの一つです。自宅に来てくれて色々お世話をしてくれるヘルパーさんはどのような業務をしているのでしょうか?ヘルパーは主婦の方などにも人気の職業ですが、ここでは訪問介護の仕事内容についてご紹介していきます。訪問介護で働きたいと考えている方は是非参考にしてみてください。

 

訪問介護の仕事内容

訪問介護の仕事内容は主に3つあります。①訪問介護②ヘルパー調整③外部との連携の3つです。1の訪問介護については社員のヘルパーや責任者であるサービス提供責任者、登録ヘルパーなど、訪問介護で働くのであれば必須の仕事です。2のヘルパー調整と3の外部との連携についてはは社員のヘルパーやサービス提供責任者が行い、登録ヘルパーは行わないでしょう。それぞれ見ていきましょう。

 

訪問介護について

訪問介護は介護が必要な高齢者の自宅に行き、介護を提供する仕事です。訪問介護には大きく分けて2つの分類があります。それは身体介護と生活援助です。身体介護は食事介助、おむつ交換、入浴介助、更衣介助などがあります。実際に体に触れるのが身体介助であると覚えておきましょう。老人ホームであれば介護がしやすいような広さもありますし、ある程度の設備も整っていますが、自宅で介護を行う場合は様々な場面で制限があり介護がやりにくいかもしれません。例えば、おむつ交換をしようとしてもスペースが足りなくて腰を痛めたり、陰部を拭く清拭タオルはお湯を沸かすところから用意をしないといけないなど、老人ホームでは考えられないような苦労があります。生活援助については、掃除、洗濯、調理が主なものとなります。訪問介護はある程度家事ができる方でないと行うことが難しいです。特に調理については、時間制限がある中で買い物や調理をしないといけませんので、家事の技術が必要となります。また、そのほかの仕事としては、デイサービスにいく準備をしたり、病院の付き添いを行ったりなどもします。事業所によっては身体介護よりも生活援助のほうが割合として多いところもありますので、例えば身体介護をしたくて訪問介護を始めたが、実際には生活援助しかしないとならないように、面接の時に確認しておくようにしましょう。

 

ヘルパー調整

訪問介護はケアマネージャーから仕事の依頼があります。「〇〇さんの掃除と調理、おむつ交換をしてほしい、毎週〇曜日の〇時からヘルパーさんの手配できますか?」といった感じで、曜日と時間を決めて人の手配の依頼があります。依頼を受けたら登録ヘルパーのリストから適切な方を探して、電話で依頼をしていきます。ヘルパーさんも予定がありますので、1回の電話で決まるということはなかなか無いことが多く、何名かのヘルパーさんに電話することが多くなるでしょう。行けるヘルパーが見つかれば、仕事内容などを伝えます。最初は責任者が付き添って仕事内容の確認をしていきます。また、依頼していたヘルパーが体調不良などで突然休むケースもあります。そういった場合は、他のヘルパーに依頼するなど調整が必要になります。

 

外部との連携について

在宅で過ごす高齢者には様々な人がかかわります。訪問介護以外にもケアマネージャー、福祉用具の事業所、訪問看護、デイサービスや訪問診療の医師などです。これらは定期的にサービス担当者会議という会議が開催されて、高齢者の自宅に集まりサービス内容の検討を行います。ヘルパーは非常に重要な役割を担っています。その理由としてはどの事業所よりも訪問回数が多くなるからです。訪問回数が多いと高齢者の状態変化に気づきやすいです。例えば、ある高齢者の体調が悪かった→ケアマネジャーに連絡をする→ケアマネジャーから医師や訪問看護に連絡をして早期対応ができるというように、訪問介護のヘルパーから異常発見の報告はよくあるケースです。

 

訪問介護員の1日のスケジュールについて

訪問介護員の1日はどのようなスケジュールで進んでいるのでしょうか。ここでは訪問介護員(正社員)の1日のスケジュールについて確認していきましょう。

 

8時50分 出勤

出勤した際に確認することは、1日の予定確認です。どのヘルパーがどのサービスに入るのか、1日のスケジュールを確認します。

 

9時00分 訪問1

デイサービスに行くための準備をする仕事がありますので、高齢者の自宅を訪ねます。着替えや整容などを行ってデイサービスの職員に引き継ぎます。

 

9時45分 訪問2

その足で別の高齢者の自宅に向かいます。洗濯と掃除を行います。また高齢者に変わったところがないか、会話などを通して把握していきます。

 

11時00分 サービス担当者会議

寝たきりの高齢者の自宅でサービス担当者会議を実施します。会議の中でヘルパーの回数を1日増やすことになりました。

 

12時00分 ヘルパー調整

先ほどヘルパーの回数を1日増やすことが決まったので、ヘルパーに連絡をして依頼をします。了承されたので、ケアマネージャーに結果を報告して連携を取ります。

 

12時30分 休憩

 

13時30分 初回訪問同行

本日からサービスを開始する高齢者の自宅にヘルパーと一緒に訪問をします。高齢者に確認をしながら掃除道具の確認、掃除範囲のやおむつの場所の確認などを行います。ヘルパーに仕事内容を伝えて自宅を後にします。

 

14時30分 訪問3

ヘルパーが急遽体調不良で休みになりました。ほかのヘルパーの調整ができなかったので、自ら訪問をしておむつ交換を行いました。

 

15時30分 契約

新しくサービスが開始される方に対して契約説明をするために訪問します。訪問介護は契約をしないとサービスを開始することができませんので、サービスの前に契約を行うのです。

 

16時30分 会議

サービス提供責任者やほかのヘルパーと一緒に会議を行います。高齢者の情報共有やケアマネジャーとの連携報告などを行います。

 

17時00分 記録 事務作業

1日の出来事を記録していきます。また、翌日のサービス調整などの事務作業を行います。

 

18時00分 退勤

 

まとめ

訪問介護の仕事は簡単そうに見えますが、難しい部分もあります。1日に何件もまわったり、ヘルパーの調整や外部との連携など様々な点で配慮が必要になります。ただし、喜ばれる仕事ですし、自宅で生活をしようと思うと必ず必要なサービスになりますので、やりがいをもって働いている方も多くいます。

link 関連記事