働きやすい介護施設とは?介護施設の種類とその特徴

ふじのくに静岡浜松介護求人ナビTOP › お役立ち情報 › 働きやすい介護施設とは?介護施設の種類とその特徴

働きやすい介護施設とは?介護施設の種類とその特徴

介護の仕事をしてみたいと思っても、どんなことをすればいいのかわからない、大変そうなど、頭の中はイメージばかり膨らんで、なかなか一歩が踏み出せなかったり、現在介護の仕事をされている方でも他の施設がどんな仕事をしているのかよくわからないという人もいると思います。そんな人達に、介護の施設の特徴や種類を知っていただき、自分にとって働きやすい施設とはどんな施設なのかを知ってもらうきっかけにしていただければと思います。

働きやすい施設ってどんな施設?

介護施設の種類はとてもたくさんあり、その種別によって、仕事の内容や環境、利用される方の対象なども違います。介護サービスを大きく分けると、在宅支援と入所支援に分けられ、その中で各施設がどんな仕事内容で、どんな1日を過ごされているのかを知ることで、自分にとってどんな施設が働きやすいのかが見えてきます。働きやすい施設ということでは、仕事内容だけでなく、施設の雰囲気や福利厚生なども大切になります。介護の仕事は、研修などに行く機会も多くありますが、仕事として研修に参加でき、出張費まで出る施設もあれば、休みを取って自腹でいかなければいけない施設もあります。各種社会保険、昇給や賞与、キャリアアップ支援等長く勤務していると、そういったことで頭を悩ませることもありますので、施設を選ぶ際にはその辺りも重要になってきます。

主な在宅サービスの種類と特徴

デイサービス、デイケア(通所介護、通所リハビリ)

デイケアは、医師の配置基準がある為、医療法人、または老人保健施がほとんどですが、デイサービスは、色々な施設と併設されていたり、単独でもあります。デイケアには、PT、OT、STの配置基準もあり、デイサービスについては加算の有無によって変わります。介護度は様々ですが、認知症対応型として積極的に重度疾患の方を受け入れをしているところもあります。コミュニケーションが取れる方も多く、利用者を楽しませたり、盛り上げたりすることが好きな方には向いていると思います。原則夜勤がなく、土日や祝日が休みであることが多いことから、給与待遇が多少見劣りしても、子育てしながら正社員として働くことが可能な形態だと言えます。

ホームヘルパー(訪問介護)

自宅や集合住宅(サービス付き高齢者住宅や有料老人ホームなど)へ訪問し、家事援助や身体介護を行う仕事です。サービス提供責任者やヘルパーの配置基準がありますが、兼務されているところが多く、非常勤も多く雇用され、施設によっては利用者の自宅などへ直行直帰する場合もあります。介護度は様々で、原則1対1で行います。本人の生活歴や嗜好などの情報を得やすく、仕事内容によっては体力的な負担も少ないです。施設と違い自分のペースで支援が行え、利用者の専用、専有の環境で介護支援を行うことが出来ます。入所施設などと比べると平均給与は低いですが、パートなどの時給は高く、サービス提供責任者などへステップアップが可能です。

ショートステイ(短期入所生活介護)

介護老人福祉施設や介護老人保健施設で、専用ベッド、もしくは空きベッドを利用し、短期で宿泊していただいたり、単独のショートステイ施設もあります。施設によって医療的な処置やリハビリなど支援内容も若干差があります。人の入れ替わりが多くあるので、色々な方と関わることが出来ますが、1人の人と関係性を築いていきたい人には向いていないかもしれません。夜勤がある為、上記2つと比べても、平均給与は高めです。
家族の負担を軽減する、レスパイトでの利用も多く、気持ちを切り替えるための時間を提供できる重要な役割を担っています。

小規模多機能型居宅介護

平成19年に新設された施設で、まだまだ認知度の低いサービスですが、通所、訪問、宿泊と在宅支援の主なサービスが1つの施設で受けることが出来るのが大きな特徴です。利用者の生活にとても深くかかわることが出来、支援内容の自由度がとても高いので、現在増え続けている高齢世帯や、独居の高齢者などが出来るだけ、在宅での生活が続けられるように支援をすることが出来ます。夜勤もありますが、基本的に1人で対応するので、色々な決断などを、自分でしなくてはいけない場面もありますが、自分のペースで仕事を進めることも出来ます。夜勤手当ももらえる為、基本的に通所や訪問サービスと比べても、給与は高めになっています。

主な入所施設の種類と特徴

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

従来型特養

ユニットを意識したグループケアを取り入れているところも多く、入浴も個浴よりも大きなお風呂が多く、身体状況に応じて入浴日時が固定化されており、解除者も、誘導、着脱、洗身など業務分担して行われます。通常チームで支援を行う為、わからないことも聞きやすく、1人介助が難しい場合でも対応しやすいです。夜勤もあり、平均給与も高めで、福利厚生も充実している施設も多いです。施設にもよりますが、独り立ちまでの期間が長い施設が多いので、いきなり多くを任される可能性は高くありません。

ユニット型特養

個室で1ユニットMAX10床になります。夜勤人員基準は2ユニットで1名で、ほとんどが個浴対応になり、1対1で支援することが多いです。日中は10人程度の少人数ケアで、従来の集団ケアから個別ケアへと変わり、共同生活空間との認識で、ユニットは家で居室は部屋となります。ソフト・ハード面でもプライバシーを守りながら寄り添った支援が提供できやすくなっています。ユニットごとに特色があり、力の入れているところも違う為、様々な経験を積むことが出来ます。また各ユニットにリーダーが必置の為、ステップアップしやすいことも特徴の一つです。

老人保健施設

ユニット型と従来型があり、デイケアが併設されていることが多いです。夜勤に看護師を配置している施設が多く、医師、PT,OT,STの配置が義務の為、病院と施設の中間施設として位置づけられ、在宅復帰に向けた施設としての機能が求められています。特養よりも軽度の方が多く、自分のことを自分で行う気持ちの強い前向きな方が多いので、職員の身体的負担は多少軽い場合があります。機能回復をし在宅復帰を一緒に目指し、実際に出来た時の喜びを感じることが出来ます。給与や福利厚生が充実している施設が多く、夜勤手当も手厚い施設が多いです。また、医療ニーズが高く、医療の知識を習得しやすく、多職種との連携も多くありスキルアップが出来る環境です。

グループホーム

定員は5~9名のユニットで全室個室です。家庭的な作りをしている施設が多く、医療体制についても、訪問看護、訪問診療を利用しているところが多いです。入居者と一緒に料理をする施設も多くありますが、近年はケアに集中するために外注し配膳のみという施設も増えています。人員配置は比較的手厚いので、ゆったりとしたケアが出来、少人数で入居者と一緒に掃除や洗濯など家事も行えて、寄り添ったケアが可能です。認知症専門の施設なので、認知症ケアに関心の高い方はおすすめです。

サービス付き高齢者住宅 有料老人ホーム

個室が多いですが、中にはユニット型のところもあります。小さな施設から100床以上ある大型な施設まであります。通所や訪問サービスが併設されていることも多く、人員配置状況も多種多様です。夜勤配置は当直での配置が基準ですが、特別養護老人ホームのような配置をしている施設が多くあります。介護技術だけでなく、接遇など総合的なスキルを求められることがあり、入居者も自立の方~要介護の方まで幅広く、対応力が身に付きます。法人によって運営の方針も様々なので、よく確認をすれば様々な選択が出来る施設です。

まとめ

以上紹介した施設以外にも、まだ介護の施設はありますが、今回は在宅・入所施設の主要なものを書かせていただきました。介護施設の種類はどんなものがあるのだろうか、名前は知っているけど、具体的に何をしているのかわからないなど、興味はあってもわからないことがたくさんある方が多いのではないでしょうか?施設の種別によって、仕事の内容や必要なスキルは違います。よく理解をしたうえで働けることが一番ですが、勤務をする前にすべてを知ることは難しいです。しかし、少しでも理解をしいるだけで、面接などで聞きたいことなども変わってきます。わからないことが多い中で、1つでも多く情報を知り、施設選びの参考にしていただければと思います。